X 攻略

【Twitter】ツイートがバズる投稿時間はこれ!拡散されやすい時間帯を教えます

この記事の内容

  • バズるツイート時間はアクティブユーザーが多い時間帯
  • 朝 8:00、昼 12:00、夜 18:00がゴールデンタイム
  • ただし、本当のベストタイミングはアカウントごとに違う

Twitter でツイートが一番バズりやすい時間は、あなたのツイートがより多くのフォロワーに拡散されやすい時間帯です。簡単に言えば、あなたのフォロワーが Twitter を見ている時間です。

つまり人々が Twitter を見れない時間 ───例えば、社会人の仕事中や学生の授業中─── にツイートするより、リラックスタイムにツイートをするほうがいいでしょう。この記事では、ツイートするのに一番いい時間とその理由をご紹介します。

 

ツイートが拡散されやすい時間

Twitter をリアルタイムで操作しているアカウントをアクティブユーザーと呼びます。ツイートを拡散したい場合は、アクティブユーザーが多い時間帯に投稿する必要があります。アクティブユーザーが多い時間帯は次の通りです。

 

 

7:30~8:30 - 通勤・通学

朝一番は人々が前日に逃した情報を確認するため最善の投稿時間です。多くの社会や学生が通勤・通学する時間なので、電車やバスなどに乗っている時間は Twitter を利用する人が多いです。

ただし、この時間帯の人には時間に余裕はありません。長い文章は最後まで読んでもらえることが少ないことが考えられますので、ツイートは短くまとめたり、画像付きツイートにするなどの工夫が必要です。

 

11:30~12:30 - お昼休み

お昼休みはいつも素晴らしいです。多くの人の休憩の時間なので、ご飯を食べながら午前に逃した情報を集める唯一の時間だからです

ただし、多くの人がアクティブになるため、投稿されるツイートも増えます。これはあなたのツイートが埋もれやすくなることを意味しますので、ピークの前にツイートをするなど注意が必要です。

 

17:00~18:30 - 社会人の労働後

労働時間の直後も人々は1日で逃したことを確認します。これまで、Twitter の利用層の関係から、学校が終わるタイミング(放課後)がよいとされていましたが、Twitter の利用層が変わるとともに、社会人の労働後の方がアクティブユーザー多くなっています。

 

20:00~23:00 - おうち時間

夜になると、多くの人々は家でリラックスします。ただし、その時間帯は広範囲です。フォロワーの活動パターンを分析し、彼らがすでにベッドに入っていることのないようにしてください。

また、夜間には時間に余裕があるユーザーが多いため、長文のツイートでも反応率が高いです。自分のコンテンツを紹介するためには、ツイートするのに最適な時間帯と言えるでしょう。

 

**

 

ただし、ベストタイミングは人によって異なるため、万人に共通するものは特定できません。一般的なケースでの良い時間帯を4つ挙げましたが、これはあくまで一般的な時間です。

例えば、学生をターゲットにした場合、最適なタイミングは朝の通学時間帯の7時半と、夕方の3時半から4時頃です。18時は遅すぎるため、一番アクティブな時間を外してしまいます。

 

 

フォロワーがアクティブの時に投稿する理由

アクティブユーザーが多い時間にツイートを投稿することは、オーガニックリーチを向上させる最も簡単な方法の1つです。なぜなら、ニュースフィードのアルゴリズムは「最新性」を主要なランキングシグナルとしているからです。

 

Twitterのアルゴリズムも例外ではなく、ツイートがどれだけ多くの人に表示されるかを決定する際に、フォロワーの関心やアクティブを重要視します。そのため、アクティブユーザーが多い時間帯にツイートすることで、自分のツイートが多くの人に表示される可能性が高くなるのです。

 

 

休日は人の動きが読みにくい

休日にツイートする場合、好きな時間に投稿しても大差はないかもしれません。なぜなら、人々は決まったルーティンに縛られていないからです。例えば、朝早くツイートしても、通常その時間に仕事を始める人たちはまだ寝ているかもしれません。

フォロワーのアクティブ時間を分析できない場合、休日のツイート時間は運に左右されることになります。つまり、人々の「アクティブ ガチャ」を回すしかないのです。

 

 

以上です。

-X 攻略

© 2024 はいはいブログ