文章術

あなたの Twitter が伸びない理由は「面倒くさい」からではないですか?

この記事の内容

  • Twitter は面倒くさいことばかり
  • 「頑張ったけどダメだった人」は面倒くさがりや
  • 「面倒くさい」の正体は「考えないといけないこと」

 

私が弟に「SNSはじめてみたら?」と提案したときの話です。最初、彼は「失敗したら時間の無駄」「やり方が分からない」と言っていましたが、はじめからTwitterの伸ばし方を教えると、すぐにやる気を出してくれました。

彼にとっても『SNSで有名人になること』はキラキラしたものに見えたのでしょう。

 

「はじめは面倒くさいと思うけど頑張って」

私はそう言って様子を見ることにしました。

 

 

それから1週間たって、私は彼に「調子はどうだ?」と聞いてみました。

「あー…アカウントだけ作ったんだけどね」

 

なんと、彼はアカウントを作っただけで放置しているとのことです。彼のやる気はいったいどこに行ってしまったのでしょう。

「まぁ、時間がなくてね」

 

家族だからか、すぐに嘘だとわかりました。彼の話を聞くと、アカウントのプロフィールを作るところで止まっているようです。私はなんとなく「あー…自己紹介を書くのが面倒になったんだな」と思いました。

 

「面倒くさい」は驚くほど行動を制限する

「面倒くさい」という感情は、人間の活動を最も強く抑制するものです。また、熱意だけでは「面倒くさい」を解消することはできません。

例えば、彼はプロフィールの書き方が分からないから止まっているのではありません。ちょっと調べれば書き方もテンプレートも出てきますし、それをするだけの能力もあります。行動しなかったのは、単に面倒だったからです。

 

確かにプロフィールの作成は面倒くさく、Twitterをはじめる人の最初の壁です。

プロフィール完成まで

  • 自己紹介を作成
    • 自己分析が面倒くさい
    • 強みを見つけるのが面倒くさい
    • Twitter 用に書き直すのが面倒くさい
  • アイコンとヘッダー作成
    • どんなものがいいのか調べるのが面倒くさい
    • どうやって作るのか分からないから面倒くさい
    • しっかりしたものを用意するのが面倒くさい

 

しかし、彼らは「面倒くさい」とは絶対に言いません。なぜなら、「面倒くさいと言えばダメな奴だと思われる」と考えているからです。彼だけではありません。多くの人は、面倒くさいことを「リスクがある」「時間がない」と言い換えます。

しかし、このことは無自覚なので、「面倒くさいから」という理由に自分でも気づいていないことがあります。ですので、これを人から指摘されるとすぐに否定したり、嫌味を言われていると感じてしまいます。

 

 

「面倒くさい」の正体は「考えないといけないこと」

では、何が面倒くさくなったのか、もう少し掘り下げてみましょう。

 

前述の話に続きますが、最終的に私は彼が挫折したプロフィール作成を代わりに引き受け、フォロワーを増やすための方法として次の作業を与えました。

  • ツイート:1日3回
  • フォロー:毎日30人以上
  • いいね:毎日100回以上

 

 

さて、面倒くさがりな彼はすべての作業ができたのでしょうか。

 

さっそく答えになりますが、答えは No です。彼が達成したのは、たった2つの作業だけで、それは『30人のフォロー』と『100回のいいね』だけでした。ツイートについては、1日1回か、しない日もありました。なんとなく、『いいね 100回』のほうが作業量も多く、面倒くさそうに見えますが、なぜこんな結果になってしまったのでしょうか。

 

彼が言うのは、「ツイートは思いつかなかったからできなかった」というのです、

 

なるほど。つまり、彼は「自分で考えること」が発生すると手を止めてしまうようです。ツイートは自分で考えないといけないから「面倒くさい」と感じるようです。

一方、いいねやフォローはポチポチ簡単にできるため、彼はそれらを行っています。プロフィール作成も自分で考えないといけないことが多いため、彼は挫折してしまったというわけです。

 

悪く言えば、彼は単純な作業しか行いません。これは、「考えることが嫌い」という、もう少し根の深い部分に課題があります。そして、残念なことに、Twitterを成功させるためには多くの試行錯誤が必要なため、Twitter 運用に関してはクリティカルな問題となります。

 

 

Twitter 運用は面倒くさいことだらけ

現在、Twitterを成功させる方法はほぼ確立されており、多くのインフルエンサーが再現性の高い方法を公開しています。そのため、私たちはそれを調べて、書いてあることをするだけです。

しかし、実際に調べても、多くの人はTwitterを伸ばすことができません。それは、Twitter攻略の結論が「試行錯誤が必要」であるため、自分で考えなければならないことが多くあるからです。

 

つまり、ビックリするほど面倒くさいです。皆さんも、「アカウント分析」と言われたら「あー、いつかちゃんとやらないといけないと思ってるんだけどねー…」という感じではないでしょうか。私も同じです。

 

ほとんどの人は、「自分のできる範囲」でしか頑張りません。つまり、追加で思考錯誤することがありません。インフルエンサーの言っている、『アクティブユーザーの多い時間にツイートする、リプライでコミュニケーションを取る、いいねをして認知を取る』程度の「とりあえず書いてあること」はできるでしょう。つまり、それしかしません。

ほとんどの人は、自分のできる範囲でしか頑張らないものです。つまり、追加の思考や努力をすることがありません。インフルエンサーが教える「アクティブユーザーの多い時間にツイートする」「リプライでコミュニケーションをとる」「いいねをして認知を高める」など、とりあえず書かれていることはできるでしょう。

つまり、それしかしません。

 

そしてこう言うのです。

「頑張ってみたけど、やっぱりダメだったわ」

 

これがほとんどの人がTwitterを伸ばせない本当の理由です。そして、この人がTwitterを成功させるのは非常に困難です。

私は「自分のアカウントなんだから、自分で考えないとダメだよ」と言いますが、すでに頑張っているつもりの彼らにこの言葉は届きません。「こっちはこっちで頑張ってるのに!」と不仲になるだけです。

 

ただ、繰り返しになりますが、彼らは決してやる気がないわけではないのです。考えなければならないことが発生した途端に「面倒くさい」が首をもたげてくるのです。

 

*****

 

これは、本を読んだだけで行動に移さないのと似ています。「これはできない・これはできる・これはやりたくない」と分別し、簡単にできるものだけやって60点。なんとなく満足するのです。

できる人は即行動といいますが、私は「できる人は面倒くさがらない」と言い換えられるのではないかと思っています。やらない人に「悩むならやれ!失敗を恐れるな!」は響きません。彼らは悩んでもいないし、恐れてもいない、ただ「面倒くさい」だけだからです。

 

 

あとがきに代えて

本記事では、Twitterが伸びない理由をご紹介いたしました。もしかしたらグサッときた人もいるのではないでしょうか。皆さん「人間は面倒くさがり」ということは知りながらも、どこか他人事だったのではないでしょうか。

 

あなたが今後、Twitterを成功させるために「面倒くさい」ことをちゃんとやることを願います。やらない理由は「面倒くさい」からだと分かった上で、行動できる人になってくれると嬉しいです。

ただし、勘違いしてほしくないのは「最初から完璧を目指す必要はない」ということです。まずはできることからはじめていきましょう。最初から全部やらなくてもいいです。私が本当に言いたいことは「全部やってないのに、伸びないって言って諦めるな!」ということなのですから。

 

 

以上です。

-文章術

© 2024 はいはいブログ