X 攻略

X でギリギリ規制されずに大量フォローするコツ

この記事の内容

  • 1日の最大フォロー数のおススメは200回
  • 連続フォローは10人までが規制されないコツ
  • 規制後のアカウントは引き続き規制されやすい状況になっている

Twitter では1日あたり最大400アカウントをフォローできますが、私はこれよりはるかに少ない回数のフォローをおススメします。スパム行為と判断されアカウントが規制されるためです。

 

また、短期間での大量フォローが禁止されているため、大量フォローのためには短いスパンで継続的なフォローを行う必要があります。1日100回以上のフォローをするのは、それだけでも至難の業なのです。

この記事では、「1日あたりの最大回数フォローしたい!」という方のために、Twitter アカウントが制限されない範囲で最大数のフォロー行うコツをご紹介します。

 

 

1日の最大フォロー数のおススメ

私の知る限り、1日あたりのフォロー数は150〜200回が最適解です。200回を超えるとアカウントの電話番号の確認、人間であることの確認( Bot 対策)の発生確率が上がります。これはアカウントが一時停止してしまうことを意味します。

 

私は1日あたり200を超えるアカウントをフォローすることはありません。あなたは「もっと多くをフォローできるはずだ」と思っているでしょう。しかし、私はむしろ少ない数を実行します。これはより現実的かつ、アカウントが制限されることのない回数です。

 

 

大量フォローのコツ

200回のフォローするにもコツがあります。一度に大量のフォローができないため、より良い方法は『10人をフォローし、15分ほど待ってからさらに10人をフォローする』ことです。

手動でフォローしていると仮定すると、フォローを実行するための稼働時間を1日あたり8時間を割り当てるのが妥当です。これは1時間あたり25フォローに相当します。しかし、一度に25人もフォローをすると次のような警告が表示されてフォローができなくなります。

 

連続フォローを10人までにしておくことは、規制を受けないために必要なことなのです。

 

 

規制された時の対処法

フォローが規制されたとき、もっとも有効な対処法は大人しく待つことです。

 

基本的には1時間も待てば十分ですが、心配な方は1日待つことをおススメします。この規制は『警告』であることを忘れないでください。規制が解除される前にいいねを実行するとアカウント制限までされてしまう恐れがあります。

 

 

規制解除後の対応について

アカウントの規制直後は継続して規制されやすい状態にあります。規制の再発を回避するためには Twitter アカウントを「ウォーミングアップ」してください。

 

私の場合、ウォーミングアップ期間は1週間す。少しずつフォロー回数を増やします。

1日目:10〜15回
2日目:15〜30回
3日目:30〜50回
4日目:50〜80回
5日目:80〜110回
6日目:110~140回
7日目:140〜200回

※ただし、7日目以降も200回を超えないようにフォローします。

 

 

Appendix

あなたにおススメの記事

【2023年3月最新】Twitterのフォローは何回まで?規制までの上限数を徹底解説!

 

 

以上です。

-X 攻略

© 2024 はいはいブログ